SDGsへの取り組みについてページを追加しました。

 

SDGsへの取り組みについて一部ご紹介しています。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

 

日本では、プラスチックごみをリサイクルする仕組みがあります。しかしリサイクルされるものは回収されたもののうち約25%で、半分以上は発電や熱利用に使われ、約15%は未利用のまま処分というのが実情のようです。ひとりひとりが〝できることから〟をテーマに、プラスチック3Rを進め、有効に利用することで、もっとごみを減らせるはずです。

 

 

リデュース ・ラップの使用量を減らし、フタつきの容器を使う。

      ・小分けするポリ袋の使用量を減らす。

 

リユース  ・マイバックを洗って大切に使う。

      ・詰め替えボトルは清潔に長く繰り返し使う。

 

リサイクル ・ゴミを捨てるのではなく、指定された場所にきちんと分別すれば

       資源として再利用できる。

 

 

また、きれいな水を守るための仕組みもできていて、高度な処理水が河川や海に放流されていますが、処理能力にも限界があります。規制の難しい生活排水による汚染は私たち一人ひとりの心がけ次第で大きく負荷を減らすことも可能です。例えば食べ残しや油などは紙で拭き取ってから洗いものをする。洗濯時は糸くずが流れでないようフィルターを設置する。毎日使うシャンプーやリンスまた洗剤などの使用量を減らすなど、できることから実施していきましょう。

 

これからも「美と健康と環境浄化」をテーマに、誠実で責任ある事業活動を行うとともに、理・美容のもつ力を活かしてSDGsに貢献していきたいと存じます。